新規就農にオススメの設備や制度をピックアップ

仕事を辞めて農業を行う人や学校や大学などで農業を学びこれから農業を行う人など、新規就農をする人もいます。そのときに気を付けなければいけないことは、新規就農は起業することと同じことであり、どのような作物を栽培するのか、どのような販路で育てた野菜を売っていくのかなど、色々な計画を立てることも重要になります。しかし、計画を立てたとしても実際にはきちんと野菜を育てることができなければ、生活をすることはできません。新規就農をするとなると、必要な設備などを揃えなければいけないということ以外にも、それらを揃えるための資金も必要になります。そのため、何があればいいのか、資金が足りないときなどに利用できる支援制度などをあらかじめ知っておくことで、万が一に備えることが大切になります。

新規就農であったら便利な設備とは

農業をするとなると、家から畑まで移動しなければいけないだけでなく、使用する道具や収穫した作物などの運搬をしなければいけません。そのため、まず必要になる農機具は車と言えます。車を一台しか所有しないという場合には、軽トラックを用意しておけば幅広く使用することができます。また、耕すためにトラクターなども必要になります。そして、重要な道具が鍬やスコップ、ハサミや鎌などの小型の作業道具になります。畑を耕したりすることはトラクターなどでできますが、畝を調整するなど細かい作業はこのような小型の作業道具を利用することになります。そのほかにも大量に雑草が生えた際に一気に刈り取るために、刈払機もあるとオススメになります。そして、農薬を散布する噴霧器も必要なものになります。

どのような支援制度を受けることができるのか

新規就農をするさいには、農機具を購入する費用など準備金を用意しなければいけないものになります。しかし、収納時に用意しておくべき金額は1000万円ほどともいわれ、簡単には準備することができない金額になります。しかし、農業をするさいには就農支援金というものがあり、最大で3700万円の借り入れが可能なものになります。これは知事が認定したものを貸し付けの対象にしているものになります。そのため、誰でも就農支援を受けることができるわけではないことを理解しておきましょう。また農業を行おうとする場所の自治体によっても、支援制度を行っているところもあるので、確認することが大切になります。このように新規就農をする際には、支援を受けることもできるので忘れないようにしましょう。