事前の知識で失敗しない新規就農を

新規就農をする前に、農業について十分知っておく必要があります。収入を得ないと、人間は生きていけません。農家の収入について、新規就農の前に調べましょう。独立した農家だったら、収入はやや不安定になります。農業法人に入れば、安定した月収が望めます。新規就農の前には、農業の仕事の難しさも知っておく必要があります。農業の場合は、自分が育てた作物が売れないとお金は入ってきません。また体を使うので、健康でなければ仕事を続けるのは難しいです。生活の形態も変化します。まず都会から地方へ移らなければなりません。都会のような便利な生活を享受できなくなります。始めた頃はこの点が一番大変ですが。慣れてきたらできるようになります。田舎の生活は不便ですが、物価は安いです。

どのように収入を得るか知っておこう

新規就農する前に、じっくりと考えておかなければならないことがあります。それは収入をどのようにして得るかと言うことです。会社に勤めていれば、月に1回給料が支給されます。しかし、農家の仕事ではそれは望めません。作物を育てて、販売する必要があります。これを最初からする自信がない場合は、農業法人に入りましょう。農業法人では普通の会社の同じ形式で仕事をしていきます。そのために、社員になった人には給料が支給されます。とは言ってもサラリーマンではなく、法人の中で農業をしていきます。実際の仕事をしながら、農業の仕方を学べるメリットがあります。法人でしばらく働いて、独立することも可能です。最初から独立して働くか、それとも法人に雇用されるかよく考えて決めなければなりません。

ライフスタイルが変化することを知っておこう

新規就農した場合は、ライフスタイルが大きく変化します。まず住む場所を変えなければなりません。都会で農業をするのは難しいので、田舎に引っ越すことになります。県庁所在地のようなところだったら、比較的便利な暮らしができますが、過疎の地域だったら不便になります。電車はないので、車を持っていないと生活がしにくいです。農業は肉体労働の一つなので、休みのときに自由に行動するのは難しいです。ある程度体を休ませないと、仕事を続けられません。この点は大変ですが、慣れてきたら休みの日の体の休め方のコツが分かってきます。都会のように、気晴らしでショッピングに行くことはできません。これは辛いことでもありますが、お金を節約できるようになるメリットはあります。自分がライフスタイルの変化を受け入れられるかよく検討しましょう。